レーシック治療を受ける病院選びに迷っていませんか

クリニック

数年前にレーシック手術で感染症を起こした事件がありました。

通常では考えられないずさんな衛生管理が原因だったのですが、
そんな問題のある病院を選ばない対策が必要です。

レーシック手術を受ける病院選びで大切なことは

  • 日本眼科学会に認められた専門医がいるか
  • 医師の人数と患者数は適当か
  • 手術前後の費用が公開されているか

レーシック手術を行うには、医師の免許を持っているだけでなく
日本眼科学会が認めた「眼科専門医」の認定が必要です

検討している病院HPに眼科専門医の表記があるかチェックしましょう。

手術費用が安いことは嬉しいのですが、
手術前の検査費手術後のアフターケアに別途費用がかかる場合もあります。
治療にかかるトータル費用が明確になっているかチェックしましょう。

下記に条件を満たしたレーシック治療院を紹介します。

レーシック手術を安心して受けられるクリニック一覧

レーシック料金の相場(費用にまつわる情報まとめ)

レーシック手術にかかる平均的な費用(相場)

レーシック手術の技術が向上したことと、手術に使用される機器の改良により費用はリーズナブルになってきました。
手術を受けるクリニックによりトータル費用には差がありますが、
両目のレーシック手術で15万円〜40万円が一般的です
費用に幅があるのは治療プランにより使用する機器が異なることや治療工程に違いがあるからです。
どの治療プランを選ぶかはご自分の症状やライフスタイルと求める結果を考慮して決めましょう。

片目だけのレーシック手術費用は両目の半額となりますが、
ピッタリ半額ではなく少し上乗せされるクリニックが多いです。

レーシックの検査費用とは

レーシック手術を受ける前に適応検査を受ける必要があります。
適応検査では手術を安全に実施するため、問診の他
10項目程度(視力、眼圧、角膜屈折度、角膜形状、角膜内皮細胞など)の目の状態がチェックされます。
このサイトで紹介している大手のクリニックでは
適応検査は無料で受けられます
適応検査によりレーシック手術が受けられない場合でも費用を請求されることはないので安心して申し込めます。

レーシック手術費用に保険は使えるか

レーシック手術には公的保険の健康保険は使えません。
今のところレーシック手術は「保険外診療」の扱いですので、手術に関わる費用はすべて自己負担となります。

但し、任意で加入している民間の医療保険の中にはレーシック手術の費用を給付するものがあります。
もし民間の医療保険を加入してるなら保険会社に問い合わせて見ましょう。

レーシック手術費用は医療費控除できるか

国税庁によると
レーシック手術は眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められますので、レーシック手術の費用は医療費控除の対象となります

医療費控除は10万円を超える費用が戻ってきます。
控除される金額の計算式は次の通り

医療費控除 =
支払った医療費保険金などで補てんされる金額 − 10万円

医療費控除は1年間のトータル医療費に対して適用されるので
レーシック手術以外の医療費も全て合算して計算できます。